スポンサードリンク




明石家さんま.png

毎日多くの人を笑わせ続けているさんまさんですが
自身の生い立ちは辛く悲しいものであったそうです。

そして、その生い立ちにさんまさんが
なぜお笑いの道に進んだのか

どうしてそこまでお笑いに貪欲なのか
秘密が隠されています。

さんまさんの悲しい生い立ちの秘密



さんまさんん.jpg
出典papipu2ch.blomaga.jp

和歌山県で生まれて
奈良県で育ったさんまさん。

3歳というまだ小さかった頃に実のお母さんを
病気で亡くしてしまいます。

その後は、お父さんと幸せに過ごしていたのですが
事情が変わってきたのは

小学校高学年の頃、
お父さんが再婚し、継母が出来ました。

この継母にはさんまさんよりも年下の連れ子がいて
さんまさんの弟となりました。

年は離れていましたが
二人は本当の兄弟のように仲良くなりました。

一人っ子だったさんまさんは
兄弟が出来てとても嬉しかったそうです。

しかし、継母の方は違っていました。
実の子ばかり可愛がり

さんまさんはまるでそこにいないかのように振る舞い
無視をしたといいます。

ある日、いつものように2段ベッドで弟さんとラジオ番組
「三枝(文枝)のラジオ、ヤングダウン」を聞いていました。

当時は、ラジオが唯一の娯楽でした。

そんな時、隣でお酒を飲んでいた継母の
こんな悲しい一言が聞こえてきました。

「うちの子はこの子(弟)だけや」

これを聞いた二人はベッドで泣いたそうです。

それでもさんまさんは
継母から気に入られようと仲よくしようと
必死に面白いことを考えて過ごしている内に

学校でもノリのよく面白い人気者に!
それがお笑いの道へ進むきっかけになったそうです。

この生い立ちはさんまさんのそれ以降の人生に影響を与え
今でもお酒を飲む女性が苦手だとか。

また、さんまさんは見ての通りスリムなのですが

少食でヘビースモーカー 睡眠時間が極端に短いのだそうです。

平均睡眠時間は2,3時間。

これは悲しい生い立ちが心に傷をつけ
その影響で睡眠障害があるのではないかと言われています。

さんまさんが芸能界を引退しようと考えたほどの出来事



明石家さんま.png
出典xn--08j5fr76p0yya.com
2代目笑福亭松之助の弟子についたのは
1974年さんまさんが高校3年生の時でした。

その次の年には日本テレビと読売テレビの「11PM」という
日本初の深夜に行われたワイドショーで

初のテレビ出演果たし

その後も、関西ローカルのタレントとして
確実に人気を集めていきました。

1981年は大ブレークの年。

ビートたけしさん、島田紳助さんと共に
「オレたちひょうきん族」のレギュラーになりました。

「クワックワッ」という「ブラック・デビル」の笑い声
この番組でうまれました。

1984年に「笑っていいとも」のレギュラーとなり
全国にさんまさんの顔が知れ渡り、活躍していた頃に

訃報が舞い込みます。

当時まだ高校生だったあの弟さん
火災で亡くなったのです。

さんまさんのことを慕い、尊敬して
本当の兄弟のように仲の良かった弟さんが亡くなり

芸能界を引退しようかと悩んだ
ショックを受けたそうです。

そんな悲しみに暮れたさんまさんを救ったのが

オール巨人さんでした。

巨人.jpg
出典matome.naver.jp

その後あったお笑いの舞台の上で
オール巨人さんはさんまさんにこうツッコミました。

「お前んち、兄弟焼いたらしいな?」
ちょっと常識では考えられない言い方です。

しかし、さんまさんはこの振りにプロとしてこう返しました。

「そや、木材が切れたから焼いたんや」
オール巨人さんは、きっとさんまさんなら
返せると分かっていたのでしょうね。

プロとして信頼していたからこそ
出来た技であるし

お笑い芸人として気持ちが分かり合える仲だからこそ
できた、励まし方だったと思います。

こんなにも悲しい出来事も
舞台という観客がいる場で
とっさに笑いに変えることができる

オール巨人さんもさんまさんも本物のプロだと思いました。

この出来事があって
さんまさんは悲しみを乗り切れ
前に進むことができました。

さんまさんはオール巨人さんに感謝しているそうです。


さんまさんの弟さんが亡くなった事件をを

関西スポーツ紙は 「さんま丸焼け」
と報じたそうです。

そんな酷い書き方をしたスポーツ紙でさえも
後になって笑いを取るネタとして言うことがあります。

悲しみは面白いことを考えて乗り越える。

まだ学生だった頃のさんまさんが身に着けた
生きるための術だったのでしょうか。

本当に凄い人だと思います。

さんまさんの名言の一つに
「生きているだけでまるもうけ」
という言葉がありますが

悲しい時、苦しい時も
こういう気持ちで必死に笑って生きてきたのかな
と思います。

いつも楽しそうな笑顔の陰に隠された生い立ちの秘密。

悲しみを抱えているからこそ
ツッコミをしながらも優しいさんまさんがいつも垣間見れるのは

こんな生い立ちが関係しているのだなと思います。


スポンサードリンク